自宅の雨漏りは突然やってきます。
つい最近まで何も無くても、いきなり屋根から雨が漏れだしてしまうことが珍しくありません。
豪雨のときや台風のときに天井にシミができていたら雨漏りがしている証拠です。
すぐにでも業者に点検してもらい、対処するようにしましょう。
何もしないでおくと、さらに悪化してしまうおそれもあります。

雨漏りにはいくつかの種類がありますが、特に一戸建てで多いのは瓦の破損です。
破損した部分から雨が侵入し、天井へと流れこんでしまいます。
天窓がある場合も隙間ができて漏れてくることがあるため、チェックが必要になるでしょう。

しかし、雨漏りの修理は高いと一般的に考えられています。
種類により費用は変わりますが、簡単な修理でも4~5万、業者によっては10万円ほどかかります。
ただ自分で修理できる場合も少なくありませんので、簡単なものなら自分でする方法もあります。

隙間やヒビが入っている状態ならシリコンで補修することができます。
応急処置のようなものなので注意しなければいけませんが、一時的に雨漏りを止めることが可能です。
雨どいや排水口が詰まっているケースもありますので、できるなら清掃してみましょう。
清掃だけで漏れてこなくなることもあります。